スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作環境とか

興味ある人がいるかどうか怪しいですが、自分の制作環境を晒してみます。

☆ソフト
動画、音声編集:Vegas Pro 8
画像加工:GIMP,Photoshop Elements 5
エンコード全般:aviutl
エフェクト:particleIllusion 3(体験版)※2作目のみ使用

☆ハード、PC
キャプチャ:PV4
OS:Windows XP
CPU:Core 2 Quad Q6600
メモリ:2G
VGA:GeForce 8600GT

詳しくは続きからどぞ
Vegas Pro 8ですが、ニコマスで使っているPは珍しいんじゃないでしょうか。
なぜこれを使っているかというと、体験版でティン!ときたからですかね。
まず、動作が軽快です。以前Premiere Elements 4を使ったことがあるのですが、
それと比べるとずいぶん軽快に感じます。
ダンスシンクロはトライ&エラーの繰り返しなので、軽いのは助かります。
あとは、音声に強い点。曲のタイミングに合わせる編集に強いです。
曲のカットもVegasでやってます。自分は作ってませんが、音MADも十分作れる機能を持っていると思います。

欠点としては、日本ではマイナーなので解説サイトが少ない、日本語の解説本も無い。
Premiereと違ってAEと連携できない(これが人によっては一番大きい?)、など。

Vegas Movie Studioという下位バージョンもありますが、ビデオのトラックが4つまで(Proは無制限)という制限があります。
これがPEやVSと比べて一番大きなデメリットですね。凝ったことをしようとするときついかもしれません。
これさえなければ同じ1万円前後の価格帯で絶対一押しできるソフトなんですが。

画像編集ソフトが2つありますが、GIMPはパス抜きのために導入しました。
Photoshop Elementsはパス使えないので。

particleIllusion 3は2作目の冒頭、星が出てくる直前の光と、iM@Sロゴ部分のキラキラした光に使いました。
お手軽にああいうパーティクルを使ったエフェクトが使えるソフトです。買うかも。

あとは珍しくはないと思うので省きます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。